横浜中華街 菜香食品 横浜中華街から手作り点心と中華菓子を直送販売いたします。

会員メニュー
カゴの中を見る



営業日カレンダー
2017年3月の定休日
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
2017年4月の定休日
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

  は休業日です

包装・熨斗 手さげ袋について 5,000円ごとに1件分 送料無料! ご注文用紙PDFダウンロード ご注文の手順
菜香食品店舗情報
■直営店舗
菜香横浜そごう売店
  横浜市西区高島2-18-1 
  電話番号045(465)2111(代表)

■定休日
第2火曜定休
(ネット通販部:土・日・祝日定休)
営業時間  10:00~17:00

商品へのこだわり□■□菜香食品□■□

はじまりは、阿媽の味。


菜香中華街大通り売店

当社、菜香食品は、1998年に「株式会社 珠江飯店」より点心と
菓子の製造・販売部門を独立させた形で創業いたしました。
最初に珠江飯店が横浜中華街にお店を構えたのは、1963年。
当時の店には、先代の、林健蘭の家庭的な味に惹かれ
香港から来た船乗り達が多く訪れたそうです。
料理上手な先代は常連客からも「阿媽(アマー)」と呼ばれ
慕われていたようです。
手作りの心のこもった料理を皆様に食べていただきたい。
阿媽の、そんな気持ちを、菜香食品は
受け継いでいきたいと考えています。
(「阿媽」は「おかあさん」の意)

手作りへのこだわり

大量生産には機械が一番です。味も形もどれも同じ商品が作れます。
ですが、手作りの味には敵いません。手作りの方が断然おいしいです。
だから私たちは手間と時間を費やしてもひとつひとつ手作りしているのです。
えび蒸し餃子の皮は点心包丁の背で一気に薄く伸ばします。
人気点心、えび蒸しぎょうざの製造工程を紹介します。
まずえび蒸し餃子の皮を作ります。
皮は点心包丁の背で一気に薄く伸ばします。
リズミカルに次々と伸ばしていきます。
*点心包丁とは刃がない点心用の包丁です。
きれいに並んだ皮たち。
きれいに並んだ皮たち。
同じ大きさ、薄さに作るになるには熟練の技を要します。
原料は小麦粉を精製した「浮き粉」と澱粉と熱湯です。
えびあんを包みます。
伸ばしたそばから点心師によってえびあんが包まれていきます。
乾くと包めないので時間との戦いです。
薄皮にぎっしりえびあんを包むのは難しい作業です。
蒸すと皮は透明になります。
包み終えたらあとは蒸して完成です。
加熱前は白色ですが蒸すと透明になります。
えびのピンク色が透けてきれいです。
 ※防腐剤や保存料、合成着色料は使用しておりません。
   これからも「身体に良くておいしい」商品をお届けいたします。

 

製法へのこだわり

塩卵入り月餅木材をくり抜いた月餅の型

木材をくり抜いた月餅の型。
香港で職人が手作りしています。
こちらを使って月餅を作っています。

中国では中秋節(旧暦8月15日)に満月を楽しみながら夜空に浮かぶ満月に見立てたあひるの塩漬け卵入りの月餅を食べる習慣があります。
菜香食品でも毎年中秋節に時期に期間限定で
塩卵入り月餅(中秋月餅)を販売しております。

あんを皮で包んでお団子状にしたら木型に入れます。
月餅のあんを皮で包んでお団子状にしたら木型に入れます。
画像は中秋月餅の塩漬け卵2つ入りです。

卵があんからはみ出ていますが、これは木型に入れる際に向きを
間違わないための工夫です。
切り口に卵が出てくるよう横向きに入れます。
彫刻の模様がこんなにきれいに現れます。
絶妙な力加減で形を整え、作業台の角にコン!コン!と
木型を打ちつけながら、ゆっくり抜きます。
すると彫刻の模様がこんなにきれいに現れます。

生地がまだやわらかいので難しい作業です。
卵黄を塗ってからもう一度オーブンで焼き上げて完成
次に、天板に型抜きした生地を並べます。
オーブンで焼いた後、照りをつけるため表面に
刷毛で溶いた卵黄を塗ります。
そしてもう一度オーブンで焼き上げて完成です。
月餅の種類ごとに型の模様は違います。
「菜香」と名入れしてあるものもございます。
召し上がる前に模様もお楽しみいただけると嬉しいです。
★税抜5,000円(税込5,400円)ごとのお買上で1件分の送料が無料になります。>>送料無料について
★箱詰め、包装は有料で承ります>>包装、熨斗、手さげ袋について
★記載のセット以外にもお客様のご希望の商品とご予算に応じて組み合わせることも出来ます。
 
 

おいしさネットワーク 菜香グループ